人気ブログランキング |

東京都東久留米市にあるシュタイナー幼稚園です。講座やイベントなどの情報を事務局スタッフよりおとどけします。


by minamisawas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:キンダーハープ ( 5 ) タグの人気記事

2018年3月の出来事



3/10 サボの音楽クラブ




シンガーソングライターのサボテン高水春菜さんをお迎えして、
大人が合奏や合唱を気軽に楽しむ会を行いました。
通称「サボの音楽クラブ」第3回特別編

園庭の鳥のエサ台に着想を得て作曲してくださった♫「おかえりことり」
レ、ミ、ラ、シの音のみでできています。
ペンタトニック音階の楽器たち ライアー、キンダーハープ(竪琴)、グロッケン(鉄琴)、
メルヘンクーゲル(オルゴールボール)などを使い音楽を楽しみました。

最後に私たちのリクエストに応え、
ローズマリーの花 という曲を歌って下さいました。

それぞれポイントは違うのですが、参加者の半数以上が泣いてしまいました。
春菜さんの歌声は心に何かが届けられます。優しいやさしい贈りものです。

サボテン高水春菜 officialツイッター (@chippokepeanuts)  
URL : http://takamizuharuna.com

c0221940_00280633.jpg

































3/18 卒園のお祝い

7人の年長児が卒園しました。
おめでとう。

保育室のいたるところにお花が飾られ、虹色の布が美しく飾られていました。

玄関前の掲示板
c0221940_00363142.jpg































卒園する子どもたちが自分でつくった赤ちゃんたち。
赤ちゃんの洋服も素敵に刺繍されています。

c0221940_00281486.jpg



















お出迎えの花
c0221940_00282094.jpg



















3/24 斜め技法の刺繍 講座

    おやじの会 ねずみもち剪定



吉良順子さんを講師にお迎えして、斜め技法の刺繍を教えていただきました。
参加者はきんちゃく袋、ブックカバーなど、自分の希望する作品をつくりました。
中には持参したエプロンに刺繍される方もいらっしゃいました。

袋やブックカバーなど物にはそれぞれに用途があります。
それらを手に取る人間の仕草をあたたかく包む、それぞれの物の用途に合った装飾、
物とそれを手に取る人を橋渡しするような装飾のあり方について教えていただきました。

吉良順子さんは20年ほど前に
フライヤヤフケ先生にこの刺繍を教えていただいたそうです。

作業中は室内に誰もいないかのような静けさでした。
みなさん、集中されていたからでしょうか。
おだやかで豊かな気持ちになり、日々の暮らを美しくすることができる刺繍講座でした。



フライヤヤフケ 氏
1937年ドイツ生まれ。ロイトリンゲンのシュタイナー幼稚園で保育に30年間たずさわる。71年より、シュトゥットガルトのシュタイナー幼稚園教員養成所の講師も兼任。90年より、世界中のシュタイナー教育教員養成ゼミナールでゲスト講師としての指導に専従 。

吉良順子 氏
南沢シュタイナー子ども園文庫の本
「三歳までの子どもの成長と生活 歩くこと、話すこと、考えることの目覚め」の著者
園でも担任を務められていました。
シュタイナー幼児教育者養成講座3期講師
日本シュタイナー幼児教育協会 事務局 info@jaswece.org
c0221940_00361922.jpg


刺繍の会が室内でおこなわれているあいだ園庭では、
おやじの会のみなさんによるネズミモチの剪定が行われていました。

力強いおやじの雄姿です。
いつもありがとうございます。
c0221940_00360509.jpg


お揃いの上着にはなんと!

c0221940_00361174.jpg


南沢シュタイナー子ども園と刺繍されています。
かっこいいですね。


by minamisawas | 2018-04-06 02:12 | 育てる会

キンダーハープ作りの会

「南沢シュタイナー子ども園を育てる会」では、月に一度、キンダーハープを作る会を開いています。
子ども園の関係者に限らず、どなたでもご参加いただけます。
キンダーハープ(7弦のちいさなライアー)を、自分で作れるの??
と思われる方も多いでしょう。
木工なんてはじめて、のみを持ったことがない、という方も、たくさんいます。
でも、ご心配はいりません。
演奏する方も名手である当園の教師、吉良創の指導のもと、1枚の板を、くりぬき、のみで彫り、
やすりをかけて…、見事に、仕上げていきます。

このたび完成された方から、こんなメッセージをいただきました


“キンダーハープづくりができて、本当によかったです。
ハープそのもの自体が宝物ですが、子どものことを想いながら木と向き合った時間
と、
完成したものを子どもに贈ることができたことが、私にとって宝物のような思い出に
なりました。“

c0221940_818018.jpg


完成おめでとうございます
晴れやかな表情もステキですね♪


次回のキンダーハープづくりの会は6月17日(水)に行います。
ご興味のある方は、お問い合わせください。
こちらまで
by minamisawas | 2015-05-29 08:19 | 育てる会

キンダーハープ作りの会

子ども園では、月に1回「キンダーハープ作りの会」をしています。
1枚板をくりぬいて、ひたすらのみで彫る、彫る、彫る。
そしてやすりをかけて、仕上げていきます。

このたび、2人の方が完成しました!
1人目は昨日卒園した子どものお母さん。
材質はタモです。
知り合いの方に焼き絵を入れていただいたそうです。
弦を張って、ポロンと鳴らすと…
「音が合ってない!」と息子君。
さすがですね…
お母さん、調弦頑張って(笑)

2人目は去年の夏、子育てフェスタで南沢ライアーアンサンブルのコンサートを聴いて下さり、
作り始めた方。
なんと半年で仕上げてしまいました!
この1ヶ月は家でやすりがけにハマっていたそうです(笑)
材質はメープルです。

みなさん、続々と仕上がりに近づいています。

素敵なキンダーハープ、作ってみませんか?

ご興味のある方は、子ども園までお問合せ下さい。
こちらまで

c0221940_10505980.jpg

c0221940_10512990.jpg

by minamisawas | 2015-03-17 10:53
子ども園では、在園の父母が中心となって、
キンダーハープ作りの会をしています。
7日のライアーコンサートで小学生が弾いていたキンダーハープ、
これが作れるのです。
出演者の中にも、お母さんの作ったキンダーハープで演奏していた子供もいました。
1枚板からノミと木槌で掘り出していく。
これがまた楽しい作業です。
心をこめて自分で作った楽器を、子どもが奏で、美しい音が我が家にひびく。
なんと幸せなことでしょうか。

そして先日、素敵なキンダーハープが完成しました!
作者は年中児のお母さん。
木は桜を使いました。
これから沢山の人を癒す楽器となりますように…
私も作ってみたい!という方、ご一緒に作ってみませんか。

基本的に月1回、
東久留米生涯学習センターまろにえホールにて、活動しています。
ご興味のある方は、どうぞお問合せください。
こちらまで
c0221940_9402927.jpg

by minamisawas | 2014-12-10 09:41 | 講座
日時: 6月27日(木) 10時~11時30分

会場: 成美教育文化会館
    (西武池袋線 東久留米駅より徒歩4分)

参加費: 一般 1500円 (会員 1000円)

講師: 吉良 創 (南沢シュタイナー子ども園代表理事・教師)

※大人の方を対象にした講座です。
※定員に達し次第〆切となります。

申込はこちらの申し込みフォームから

みなさんは「キンダーハープ」をご存知でしょうか?
片手で持てる小さな竪琴で、弦は7本。音階はレ・ミ・ソ・ラ・シ・レ・ミのペンタトニックです。
はじめて弾いてみる方でも、
そのやさしく美しい響きと、はじめも終わりもないような開かれた感じの音に、
心地よさを感じられることと思います。
ルドルフ・シュタイナーは
「9歳までの子どもは、5度音程の雰囲気の中で生きている」
と書いています。
5度とは、たとえば「ラ」を起点にした場合、
上の5度 ラ → ミ 、下の5度 ラ → レ
この「5度」の音程をやさしく奏でられるのが、「キンダーハープ」です。
キンダーハープは、共鳴箱がないため、耳をすましていないと、音が聞こえません。
このような音を奏でたり歌ったりという生活の中で、子どもは「耳をすます」「聴く」力を身につけていきます。

現代的な生活の中では、
「音」は、よほど強く拒むことをしないかぎり、私たちの意思にかかわらず、侵入してきます。
お店に入れば音楽が、駅に行けばアナウンスが、そこら中に音があふれています。
児童館に行けば、「◯◯体操」の音楽が、箱の中から流れてきます。
これらは、「耳をすまして、自分の意思で」聴く音ではありません。
私たち大人の耳も、少々疲れているのではないでしょうか。
大人の方にも、ぜひこのキンダーハープを弾いていただきたいと思います。

キンダーハープは、簡単に弾くことができる楽器ですが、
やはり、「基本の弾き方」は知っておいていただく方がよいのです。
はじめての方にもわかりやすく、弾き方をお伝えします。
楽器を弾いた経験はいっさい必要ありません。
どうぞこの美しい音を楽しんでください。
心安らぐキンダーハープの響きは、
小さな子どものいるお家はもちろんのこと、大人にとっても、
豊かなよい時間をもたらしてくれるでしょう。

お申込みはこちら


<お子さんの同伴について>
お子さんの同伴は可能ですが、泣き声等が講座のさまたげになる場合には、一時退出をお願いすることがあります。お子さんの状態により、一部講座に参加できない場合があることをご了承ください。
会場にはマット敷スペースと、おもちゃを用意いたします。


お申込みはこちら

この講座のチラシはこちらからダウンロードできます

お問合せはこちら

みなさまからのお申込み、お待ちしております!


<第2回 シュタイナー教育 芸術講座のお知らせ>

9月19日(木) 「みつろうブロッククレヨンで描く」   成美教育文化会館

c0221940_12191467.jpg

by minamisawas | 2013-04-26 12:21 | 講座