人気ブログランキング |

東京都東久留米市にあるシュタイナー幼稚園です。講座やイベントなどの情報を事務局スタッフよりおとどけします。


by minamisawas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日時: 6月27日(木) 10時~11時30分

会場: 成美教育文化会館
    (西武池袋線 東久留米駅より徒歩4分)

参加費: 一般 1500円 (会員 1000円)

講師: 吉良 創 (南沢シュタイナー子ども園代表理事・教師)

※大人の方を対象にした講座です。
※定員に達し次第〆切となります。

申込はこちらの申し込みフォームから

みなさんは「キンダーハープ」をご存知でしょうか?
片手で持てる小さな竪琴で、弦は7本。音階はレ・ミ・ソ・ラ・シ・レ・ミのペンタトニックです。
はじめて弾いてみる方でも、
そのやさしく美しい響きと、はじめも終わりもないような開かれた感じの音に、
心地よさを感じられることと思います。
ルドルフ・シュタイナーは
「9歳までの子どもは、5度音程の雰囲気の中で生きている」
と書いています。
5度とは、たとえば「ラ」を起点にした場合、
上の5度 ラ → ミ 、下の5度 ラ → レ
この「5度」の音程をやさしく奏でられるのが、「キンダーハープ」です。
キンダーハープは、共鳴箱がないため、耳をすましていないと、音が聞こえません。
このような音を奏でたり歌ったりという生活の中で、子どもは「耳をすます」「聴く」力を身につけていきます。

現代的な生活の中では、
「音」は、よほど強く拒むことをしないかぎり、私たちの意思にかかわらず、侵入してきます。
お店に入れば音楽が、駅に行けばアナウンスが、そこら中に音があふれています。
児童館に行けば、「◯◯体操」の音楽が、箱の中から流れてきます。
これらは、「耳をすまして、自分の意思で」聴く音ではありません。
私たち大人の耳も、少々疲れているのではないでしょうか。
大人の方にも、ぜひこのキンダーハープを弾いていただきたいと思います。

キンダーハープは、簡単に弾くことができる楽器ですが、
やはり、「基本の弾き方」は知っておいていただく方がよいのです。
はじめての方にもわかりやすく、弾き方をお伝えします。
楽器を弾いた経験はいっさい必要ありません。
どうぞこの美しい音を楽しんでください。
心安らぐキンダーハープの響きは、
小さな子どものいるお家はもちろんのこと、大人にとっても、
豊かなよい時間をもたらしてくれるでしょう。

お申込みはこちら


<お子さんの同伴について>
お子さんの同伴は可能ですが、泣き声等が講座のさまたげになる場合には、一時退出をお願いすることがあります。お子さんの状態により、一部講座に参加できない場合があることをご了承ください。
会場にはマット敷スペースと、おもちゃを用意いたします。


お申込みはこちら

この講座のチラシはこちらからダウンロードできます

お問合せはこちら

みなさまからのお申込み、お待ちしております!


<第2回 シュタイナー教育 芸術講座のお知らせ>

9月19日(木) 「みつろうブロッククレヨンで描く」   成美教育文化会館

c0221940_12191467.jpg

by minamisawas | 2013-04-26 12:21 | 講座

入園説明会のお知らせ

<入園説明会日程>

第1回: 2013年6月29日(土)
第2回:      9月29日(日)
第3回:      11月9日(土)    (3回とも同じ内容です)

時間: 10時~11時30分
会場: 南沢シュタイナー子ども園 園舎
地図はこちら
東京都東久留米市南沢3-16-63

入園説明会では、子ども園での教育、NPO法人の運営、諸費用、入園についての詳細を説明し、願書(1部500円)を販売いたします。
入園を希望される方は、いずれかの回の入園説明会にご出席ください。
2015年度以降の入園希望者も、説明会にご参加いただけます。
子ども園の教育に興味を持って下さる方は、どうぞお気軽に説明会にご参加ください。

入園説明会は申込みが必要です。
お申込みはこちらから

<年度途中の入園について>
2013年度の途中入園児、満3歳での入園児も募集しています。
面談は随時行います。詳細はこちらまでお問い合せ下さい。

<入園までの流れ>
願書提出締切  10月17日(木) ※当日消印有効
入園面談(親子面談)  10月25日(金)、26日(土)のいずれか

面談後1週間以内に結果をお知らせいたします

<入園説明会の保育について>
大人に向けた説明会ですので、お子さん連れのご参加はご遠慮いただいております。
当日は若干名の保育をお受けいたします。
大切なお子様をよい状態でお預かりするためにも、人数や条件に限りがありますことを、どうぞご了解下さい。
以下の要領でお申込み下さい。
・親子クラスに通われている方を優先に受付させていただきますので、希望人数によってはお受けできないことがあります。保育をご希望の方は、ご了解いただきました上で、
「保育希望」とお書き添えの上お申込み下さい。
保育の可否については、20日前までに決定しご連絡いたします。
・基本的に、入園対象のお子さんの保育となります。何らかのご事情でごきょうだいの保育を希望される場合には、その旨申込フォームの所定欄にお書き添え下さい。(お受けできない場合もございます)
・最終申込締切は、説明会の3日前までです。
・保育料金
子ども1名につき 500円 (保険料・おやつ代込み)
定員: 5名

その他
・駐車スペースは限られておりますので、なるべく公共の交通機関、徒歩、自転車などでおいで下さい。何らかの事情で駐車をご希望の方は、申込時にご相談ください。
・スリッパ等のうわばきをお持ち下さい。

入園説明会を予約する

入園説明会のご案内をダウンロードする

子ども園に興味を持って下さる多くの方と、出会うことができれば幸いです。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
by minamisawas | 2013-04-24 17:25 | 入園説明会
c0221940_13244589.jpg

今年のオープンハウスは6月22日です。

現在、楽しいことをいろいろと準備しております。
詳細が決まり次第、ブログでお知らせいたします。

無料の教師による人形劇は3回予定。

ワークショップは毛糸でブレスをつくります!!
ねじり紐の要領で親子で楽しくおつくりいただけます。(1個100円)

食品や手仕事品の販売

気軽に聞ける入園相談もおこないます。





南沢シュタイナー子ども園 
オープンハウス


日時  6月22日 土曜日   10:00~14:00
会場 南沢シュタイナー子ども園 園舎    東久留米市 南沢3-16-63
地図はこちら

〇 授乳スペース・お子さんの遊びスペースがあります。
〇 買い物袋、室内ばきをご持参ください。
〇 駐車場は利用できません。公共の交通機関をご利用下さい。

お問い合わせはこちらまで

皆様のお越しをお待ちしております。
by minamisawas | 2013-04-23 12:27 | 過去のイベント
新学期が始まり2週間ほど経ちました。

新しいおひさまの子どもたちを迎えて
嬉しそうなおつきさま・おほしさまの子どもたち。

緊張していたおひさまの子どもたちも、
今では楽しそうに遊び始めています。

春はいつも新しい出会いを連れてきてくれます。

 

会員の皆様には
NPO法人南沢シュタイナー子ども園通信53号をお送りいたします。
c0221940_11184216.jpg




内容のご紹介

P1  ことば                      吉良 創   

ルピンドラナート・ダゴール 「果実採り」より

危険から守られるのを祈るのではなく、
恐れることなく危険に立ち向かうような人間になれますように。

痛みが鎮まることを祈るのではなく、
痛みに打ち勝つ心を乞うような人間になれますように。

人生という戦場における盟友を求めるのではなく、
ひたすら自分の力を求めるような人間になれますように。

恐怖におののきながら救われることばかりを渇望するのではなく、
ただ自由を勝ち取るための忍耐を望むような人間になれますように。

成功のなかにのみ、あなたの慈愛を感じるような卑怯者ではなく、
自分が失敗したときに、あなたの手に握られていることを感じるような、
そんな人間になれますように。



まだとても寒かった2月に子ども園では悲しいお別れがありました。
今回はみんなが大好きだった井ノ山先生とのお別れを偲んだ内容になっております。
by minamisawas | 2013-04-23 11:38 | 会員
親子で学ぶはじめてのシュタイナー教育講座 第1回
「早期教育、必要ですか?」
日時: 5月27日(月) 10:00~11:30
会場: 南沢シュタイナー子ども園 園舎
参加費: 一般 1500円 (会員 1000円)

講師: 吉良 創 (南沢シュタイナー子ども園代表理事・教師)

※お子さん連れで参加できます。授乳、おむつ替えスペースあり。
※講座終了後、会場をランチタイム開放いたします。お弁当などをお持ちいただければ、召し上がっていただくことができます。在園のお母さん手作りの雑貨や軽食なども販売を予定しています。

子ども連れで気軽に参加できるので、毎回人気の「親子で学ぶはじめてのシュタイナー教育講座」。
今年度の第1回は、「早期教育」をとりあげます。

いま、子どもの習い事は花ざかりです。
ベビースイミングに始まり、体操教室にピアノに英語、サッカー、こども向け通信教育…等々、
あげればきりがないほどです。

でも、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。
子どもにとって、本当に必要なことは何でしょうか?
特に、0~7歳の小さな子どもにとって、
いちばん大切なことは、はっきりと決まっています。

何でも早く身につけさせたい、と思うのは親心。
しかし、
引き換えに大切なものを失うことになるとしたら、
どうしますか?

小さなお子さんと過ごしているお母さん、お父さんに、
ぜひ、今、知ってほしいのです。
本当に大切なこと。

講座終了後はスペースを開放しますので、お昼もゆっくり召し上がっていただけます。
ぜひご参加下さい!

※定員:親子13組 (定員に達し次第〆切ります。お早めにお申込み下さい)


講座の申込みはこちらからどうぞ!


<お詫び>
5月27日「はじめてのシュタイナー教育講座」のチラシに、一部、日付が
6月27日
となっているもの、曜日が
(木)
となっているものが、混入した可能性があります。
もし、このようなチラシを受け取った方には、誠に申し訳ございません。
正しくは
5月27日(月)
でございます。
お詫びして訂正いたします。
by minamisawas | 2013-04-18 15:54 | 講座
桜の花も散って柔らかな若葉が出、
大きなランドセルを背負った1年生のかわいらしい姿が楽しみな季節になりました。

さて、今年度も子ども園では親子クラスの無料体験日「出会いの日」を開催します。

第1回 5月7日(火)10時~11時半
会場: 南沢シュタイナー子ども園 園舎にて
参加費:無料

子ども園ってどんなところ?
となりの幼稚園とどう違うのかな?
シュタイナー教育ってなに?
うちの子どもには合うかしら?


小さなお子さんをお持ちのお母さんには、そろそろ幼稚園が気になってきますね。
いろいろな幼稚園を見てみたいと思われるのではないでしょうか。
子ども園では、こどものふだんの生活をいちばん大切に考えていますので、
残念ながら保育の様子を見ていただく機会がありません。
代わりに、子ども園で通年開いている未就園児クラスを無料で体験できる機会をもうけています。
それが「出会いの日」です。
子ども園に興味を持って下さった方なら、どなたでも参加できます。

この日は、園舎の保育室で、子ども達は子ども園のおもちゃで自由あそび。
あたたかい雰囲気に整えられた空間で、たくさん遊んでください。
おとなは、羊毛などの簡単な手仕事をしながら、
耳は教師の話にかたむけましょう。
教師は、この時期の子どもについて、シュタイナー教育の観点からお話をします。
・就園前の子どもの成長発達について
・ちいさな子どもにふさわしい生活とは?そのポイントについて
・うちの子ってどうしてこうなの??こんなことで困っている。ご質問もご自由にどうぞ


おさない子どもを育てているお母さんにとって、
大人向けの講演会を聴きに行ったり、難しい本を開くのは、なかなか難しいこと。
ここでは、子どもにとって安心な整えられた環境であそびを見守りつつ、
親は手仕事に手を動かしながら、
お話を聴いて学びの時間を持つ、
親子ともに豊かなよい時間を過ごせることと思います。

シュタイナー幼稚園というと、
何か特別なことをしているように思われることがあるのですが、
朝当園して、遊んで、おやつを食べて、お散歩に行って、おはなしを聞いて、お弁当を食べて、
子ども達は、ごく普通に園での生活を、どの子もとても楽しんで過ごしています。
体験日には、すべてを体験とはいきませんが、子どもが安心してよい環境で日々を過ごす、その雰囲気は感じていただけると思います。

「出会いの日」で、ぜひ、子ども園の雰囲気を体験しに来てください!

※定員(親子13組)
定員に達し次第〆切とします。お早めにお申込み下さい。

※できるだけ多くの方に子ども園を体験していただくため、「出会いの日」に初めて参加される方を優先受付させていただいております。
2回め以降の方も、定員に余裕があれば参加していただけます。参加の可否についてはご連絡いたします。

子ども園ホームページにも「出会いの日」詳細が掲載されています

お申込みはこちらから
お問い合せはこちらから

<第2回以降の予定>

第2回 6月10日(月)
第3回 9月6日(金)
第4回 2014年1月10日(金)


056.gifみなさまのご参加をお待ちしております!
by minamisawas | 2013-04-09 10:15 | 無料体験「出会いの日」