東京都東久留米市にあるシュタイナー幼稚園です。講座やイベントなどの情報を事務局スタッフよりおとどけします。


by minamisawas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:会員( 12 )

通信volum.57 

c0221940_22412488.jpg
一学期も終わり、夏休みに入りました。
会員の皆様には、南沢シュタイナー子ども園通信をお送りいたします。

57号では、園児がお散歩に行く場所の紹介や自由学園でおこなわれたシンポジウム参加のご報告、
先日行われた「アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス講座」の講師 平井久仁子さんの原稿もお読みいただけます。

「ことば」のページは、毎回 代表理事の吉良 創がご紹介します。
今回はルドルフ・シュタイナーの「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」より
条件という章の最後にある文章を取り上げました。

数日のうちにお手元に届くかと思います。
どうぞお楽しみに。

もくじ
p3  ことば
p4  保育室から  新井季美江 / 児玉弘美
p9  子ども・眠り・リズム・寝顔  吉良 創
p11 「向山緑地・立野川から始める地域学」
p13 農家のおばあちゃん歳時記
p16 アンカヴァーリング・ザ・ヴォイス  平井久仁子
p18 わたしたちの日々
p20 子ども園トピックス
p21 NPO法人だより
p30 編集後記



[PR]
by minamisawas | 2014-07-23 23:12 | 会員
夏休みに入った園舎はしーんと静まり返っています。
曇り空のせいか、何だか暗いような・・・。

いつもより遅くなりましたが、
会員の皆様に南沢シュタイナー子ども園通信をお送りいたしました。
一学期も良い時を過ごすことができました。
いつもお支え頂き、ありがとうございます。

今号のご紹介

c0221940_1140171.jpg
ことば 
吉良創

「子どもを畏敬の念をもって受け入れ、
愛の中で育て、
自由の中に解き放つ。」    

訳  吉良創

このシュタイナーの言葉を
ご存じの方も多いと思います。
私はつい呟いてしまうことばです。







その他、
人形劇講座の参加の感想やライアー奏者のジョン・ビリングさんへのインタビュー、
5回目になったシンガポールの風では、シンガポールでのシュタイナー幼稚園の様子をお知らせします。
その他、育てる会の活動の様子等、内容盛り沢山です。
どうぞお楽しみに。


ご興味のある方はどうぞお問合せください。
こちら
[PR]
by minamisawas | 2013-07-25 12:04 | 会員
新学期が始まり2週間ほど経ちました。

新しいおひさまの子どもたちを迎えて
嬉しそうなおつきさま・おほしさまの子どもたち。

緊張していたおひさまの子どもたちも、
今では楽しそうに遊び始めています。

春はいつも新しい出会いを連れてきてくれます。

 

会員の皆様には
NPO法人南沢シュタイナー子ども園通信53号をお送りいたします。
c0221940_11184216.jpg




内容のご紹介

P1  ことば                      吉良 創   

ルピンドラナート・ダゴール 「果実採り」より

危険から守られるのを祈るのではなく、
恐れることなく危険に立ち向かうような人間になれますように。

痛みが鎮まることを祈るのではなく、
痛みに打ち勝つ心を乞うような人間になれますように。

人生という戦場における盟友を求めるのではなく、
ひたすら自分の力を求めるような人間になれますように。

恐怖におののきながら救われることばかりを渇望するのではなく、
ただ自由を勝ち取るための忍耐を望むような人間になれますように。

成功のなかにのみ、あなたの慈愛を感じるような卑怯者ではなく、
自分が失敗したときに、あなたの手に握られていることを感じるような、
そんな人間になれますように。



まだとても寒かった2月に子ども園では悲しいお別れがありました。
今回はみんなが大好きだった井ノ山先生とのお別れを偲んだ内容になっております。
[PR]
by minamisawas | 2013-04-23 11:38 | 会員
園の保育も2学期最終日となりました。
今日はクリスマス会です。


会員の皆様にはいつも私達の活動をご支援いただき、深く感謝しております。

c0221940_10352564.jpg

本日、会員の皆様に
南沢シュタイナー子ども園通信volume52をお送りいたします。
お住まいの地域によっては、到着日が遅くなる場合もございますが、
近日中にお手元にお届け出来ると思います。
どうぞお楽しみに。

尚、住所変更のお知らせをいただいていない場合は、
お送りすることが出来ません。
変更のあった方は事務局にお知らせください。
変更受付こちら


今回のことばは、
子安美知子さんの「エンデと語る  作品・半生・世界観」から、
ミヒャエル・エンデの代表作「モモ」について語っている箇所を取り上げています。

私は、久しぶりに、「モモ」を読み返してみたいと思いました。
まだ「モモ」を読んでいない方は、是非一度読んでみることをお薦めいたします。

目次

p,1   ことば / 吉良 創
p,2   オイリュトミーってなあに?  / 岩重 ななえ
p,4   心地よい生活  / 吉良 創
p,9   2012年夏のライアー世界大会  / 吉良 創
p,13 寄稿「私がシュタイナー教育運動に長く関わる理由」 / 森 厚彦
p,17 本の紹介
  『4つの気質と個性のしくみ シュタイナーの人間観』 / 小坂 篤子
p,19 シンガポールの風no,4 / 鴨狩 香代子
p,20 信州松本だより / 伊藤淳子
p,21 同窓会報告 / 神田 純子
p,22 育てる会より / 清水 庸子
p,23 NPO法人だより
p,26 みんなの掲示板〜交流&情報のページ
[PR]
by minamisawas | 2012-12-15 10:53 | 会員
c0221940_1244214.jpg明日14日は夏まつり。
1学期が終了します。
会員のみなさまに通信 volume51を発送させて頂きました。

お手に取りやすいサイズに見直し、表紙はカラーになっております。
新しくなった通信にぜひご感想やご意見をお寄せください。


今回の内容を少しご紹介。

7年に一度開催されるシュタイナー幼児教育協会世界大会。
当園からは代表理事の吉良創と担任の新井季美江が参加いたしました。吉良創がご報告いたします。

4月に一般社団法人を取得した日本シュタイナー幼児教育協会。
事務局長の森厚彦さんにお話を伺いました。
10月には森さんの講座を行ないます。お楽しみに。



目次
p、1  ことば 「想像力」  
p、2  保育室から         
p、4  少し幾何学?
p、7  シンガポールの風 no,3
p、8  幼児教育協会世界大会
p、10 日本シュタイナー幼児教育協会の法人化にあたって
p、12 人形劇を基礎から学ぶ講座
p、13 夏のおやつ・夏のナチュラルケア
p、14 お家でシュタイナー教育
p、15 みんなの掲示板
p、16 NPO法人だより
[PR]
by minamisawas | 2012-07-13 12:40 | 会員

やまももの会のご紹介

   
c0221940_23222146.jpg

ヨハネ祭の頃のやまももの木 


    

〜「やまももの会」とは?〜
NPO法人南沢シュタイナー子ども園の協力会員のことです。

子ども園の園庭にある大きなやまももの木は、毎年夏に真っ赤なかわいらしい実をつけ、見たり、食べたり、拾ったりと、さまざまに楽しませてくれます。 園庭にしっかりと根を張り、子どもたちをいつも見守ってきたこのやまももの木のように、みなさまもあたたかいお心で子ども園につながっていただけたらと願い「やまももの会」と名づけました。

年会費 12000円
総会議決権なし

ご入会お待ちしております。


                                                                     
[PR]
by minamisawas | 2012-06-30 15:00 | 会員

入会のご案内

○ NPO法人南沢シュタイナー子ども園とは?

ドイツの哲学者ルドルフ・シュタイナーの提唱する人間学を基盤として子どもの成長発達を捉え、
子どもに必要な教育を実践する幼児教育施設として、地域の子どもたちを対象に1995年4月に開園し、教師と父母たちによって共同運営されてきました。
2006年4月より「特定非営利活動法人(NPO法人)南沢シュタイナー子ども園」として新たに歩み始め、NPO法人として、南沢シュタイナー子ども園の運営事業のほかに、子どもや広く一般の方に対して、シュタイナー幼児教育関係の情報収集・研究事業、シュタイナー幼児教育の普及・啓発事業等の活動を行っています。
子どもの健全育成および社会教育の推進に寄与すること、また、関わる大人もともに学び成長し合い、
活動していくことを目的とします。

○ 3つの活動理念
精神生活が自由であること。
権利において平等であること。
経済活動は友愛の精神で営まれること。

当法人は、幼児教育施設「南沢シュタイナー子ども園」を中心とし、
そこに集う大人がひとつの小さな社会を構成します。
そしてその社会は、正会員、協力会員(以下 やまももの会)からなります。

「南沢シュタイナー子ども園」では教師会が教育の責任を持ち、正会員から選ばれた理事が理事会を構成し、運営、経営の責任を持ちます。
運営は理事会を中心に事務局、在園父母の会が仕事を分担し、協力しながら行います。

その他の事業も正会員、やまももの会の協力により運営されています。

ともに学び成長しながら活動していく会員の方々を広く募集しています。
多くの方々のご参加により、当法人の活動がより充実して広がりを持っていくことを願っております。


○主な事業

・南沢シュタイナー子ども園の運営
・未就園児クラス開催 ・・・「親子クラスいづみ」「ひかりの子の会」
・シュタイナー幼児教育に関する情報発信・・・「NPO法人南沢シュタイナー子ども園通信」   「ホームページ」


○入会について
 
当法人の目的に賛同し、活動を応援してくださる方(個人・団体)は、どなたでも会員になれます。

会員には、総会での議決権を持つ正会員と、議決権を持たずに活動を支援するやまももの会があります。
遠方にお住まいなどの理由で直接活動に参加できないが賛助してくださる場合は、やまももの会をお選びいただけます。
やまももの会は園の経済を支える大きな力となります。

会費:会費は年額12,000円となります。(4月から翌3月を年度とし、月額1,000円)
年払いで前年度の3月までに翌年度分をお納めいただきます。
年度途中から入会の場合、初年度は入会月から3月までの月数分をお納め下さい。
(例:10月入会の場合、10月から3月の6か月分、6,000円)
翌年度4月より年会費の扱いになります。
いったん納入された会費は返金いたしません。
やまももの会と正会員の会費は同額です。

入会方法:
①郵便振替
払込取扱票の通信欄に氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・開始月を明記の上、
下記口座までご納入ください。
通信欄に記載された事項をもって、入会届とさせていただきます。
会費のご納入をこちらで確認後、正式入会となります。
郵便振替口座
加入者名 NPO法人南沢シュタイナー子ども園
口座番号 00130‐2‐50952

②現金納入
入会届に氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・開始月を記載ください。


当法人の活動の継続と発展のためにお力をお貸しください。
経済的なこ支援や温かいご声援をよろしくお願いいたします。
[PR]
by minamisawas | 2012-06-27 23:46 | 会員
やまももの会とは、
NPO法人南沢シュタイナー子ども園 協力会員のことです。



子ども園の園庭にある大きなやまももの木は、
毎年夏に真っ赤なかわいらしい実をつけ、
見たり、食べたり、拾ったりと、さまざまに楽しませてくれます。
園庭にしっかりと根を張り、
子どもたちをいつも見守ってきたこのやまももの木のように、
みなさまにもあたたかいお心で子ども園につながっていただけたらと願い
「やまももの会」と名づけました。


在園・卒園父母のみならずシュタイナー教育に興味のある方はどなたでも参加いただけます。

会費:年額12,000円(4月から翌3月を年度とする、月額1,000円)
年払いで、前年度の3月までに翌年度分をお納めいただいております。

皆様の会費は、NPO法人南沢シュタイナー子ども園の活動資金として
主に保育施設の運営にあてられてます。
これは、経済的な支援を頂戴しているということのみならず、
会員となってくださる皆様の気持ちが精神的な支えとなり、
更なる活動を推進する原動力となっています。


お問合せはこちらまで。
[PR]
by minamisawas | 2012-04-29 08:04 | 会員
NPO法人南沢シュタイナー子ども園ではいつでも会員の入会を受付けております

また、当法人の活動と発展のために寄付してくださる方が
いらっしゃいましたらぜひご連絡ください。
寄付は心より歓迎いたします。



当法人の目的に賛同し、活動を応援してくださる方(個人・団体)は、どなたでも会員になれます。


会員には、
総会での議決権を持つ正会員と、
議決権を持たずに活動を経済的に支援するやまももの会(協力会員)があります。


連絡先
窓口:事務局 会員担当
tel/fax 042-470-0843
●お問い合わせは
こちら
[PR]
by minamisawas | 2012-04-28 14:29 | 会員

通信  volume.48

夏祭り。
子ども達のつくった提灯の灯りが、暗闇の中で一層美しく輝きました。
これから、長い夏休みが始まります。

会員のみなさまへ南沢シュタイナー子ども園通信48号をお送り致しました。

ライアー演奏家のジョン・ビリングさんへのインタビューや
11月の土曜講座講師の小貫大輔さんの著書の紹介がお勧め!
作務衣姿でライアー演奏するジョンさんの写真も掲載しています。
ジョンさんはとてもチャーミングな方ですよ。

吉良 創さんは、3.11以降の子ども園の様子にふれ、
「人間になること と 自分になること」を6ページ掲載しております。

子ども園通信では、投稿や広告を募集しております。
詳細は
こちらまでお問い合わせください。



目次
 1  受容のための祈り
 2  人間になること と 自分になること     吉良 創
 8  3.11を経験して   河村 三樹子
 9  はじめまして〜  新任の先生、新入園児父母からの言葉
11  ジョン・ビリング氏 インタビュー/コンサートの感想
14  「虹色の贈りもの」のお知らせ
15  Books小貫大輔さんの本
17  NPO法人だより

小貫大輔さんの土曜講座  11/19
「神さまとセックス」〜わたしはどこから生まれてきたの?子どもの成長に応じた性教育〜
会場は園舎です。
c0221940_0583083.jpg

[PR]
by minamisawas | 2011-07-13 01:01 | 会員