人気ブログランキング |

東京都東久留米市にあるシュタイナー幼稚園です。講座やイベントなどの情報を事務局スタッフよりおとどけします。


by minamisawas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

親子で学ぶはじめてのシュタイナー教育講座第3回「乳幼児期の子どもとメディア」

お子さんとご一緒に参加できると好評の「親子で学ぶはじめてのシュタイナー教育講座」シリーズ、第3回のお知らせです。
テーマは「乳幼児期の子どもとメディア」

日時:11月19日(木) 10:00~11:30

会場: 南沢シュタイナー子ども園 園舎
    地図

参加費: 一般 1500円 (会員 1000円)※当日のお支払いです

講師: 吉良 創 (南沢シュタイナー子ども園代表理事・教師)

※この講座はお子さんとご一緒に参加していただけます。
 スタッフがおりますが、保育者ではありませんので、お子さんはご自身でみていただけますよう、お願いいたします。

※通常保育の日ですので、駐車場のご利用はできません。公共の交通機関をご利用ください。
 (ご事情のある方はご相談ください)
 

お申込みはこちらから

子どもを持つ親にとって、メディアとのつき合い方はもはや欠かせないテーマになっています。
何歳からケータイを持たせるのか?
スマホをねだられたら買い与えてよいのか?
どんな約束を子どもとすればよいのか?
これらの問題は、子どもが小学生以上になり、ケータイを欲しがるなど問題が表面化してから大問題となり、
「お悩み相談」と「それに対する対策」ということで
新聞、週刊誌にもよく取り上げられています。
しかし。
問題の根は、もっと早く始まっているのです。
そもそも、親ごさんは、「メディア」というものをどのようにとらえているでしょうか。
小さな子どもがいる家庭という空間で、メディアをどのようにあつかってきたでしょうか。
私たちの生活の中に、無意識にはいりこんでいる「メディア」。
ちょっと、振り返って考えてみませんか。
そして、
子どもの成長と発達を真にうながす情報とは、何でしょうか?
小さな子どもにはまだ判断能力がありません。
子どもにとって必要なものごと、必要でないものごとを、親ごさん自身が判断できなければ
なりません。
そのことは、現代の子育ての上でとても大切なテーマであるにもかかわらず、育児書には載っていません。
ぜひ、この講座を聞いてください。
シュタイナー教育の中には、きっとヒントがみつかるはずです。
みなさまのご参加を、お待ちしております。


講座のお申込みはこちらから
by minamisawas | 2015-11-10 17:07 | 講座