人気ブログランキング |

東京都東久留米市にあるシュタイナー幼稚園です。講座やイベントなどの情報を事務局スタッフよりおとどけします。


by minamisawas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

人形劇は総合芸術である

新緑の青葉が繁り、吹く風も心地よい季節ですね。
園庭ではバラのつぼみが静かに咲く時を待っています。

5月13日に行なわれました人形劇を基礎から学ぶ講座のご報告をいたします。

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。
連続講座ですが、2回目以降からのご参加も可能です。


シュタイナー幼稚園ではお話の時間をとても大切にしています。
お話は子ども達にとって日々の魂の栄養です。

人形劇ではお話に人形の動きという要素が加わり、
それをみる子ども自身が充分に想像力を働かせられるように留意して準備し上演します。

言葉(お話)、音楽(歌や楽器)、動き(人形)、手仕事、上演する人のあり方。
これら全てが人形劇を上演する上で大切な要素となります。

講師の吉良順子先生は、「人形劇は総合芸術である。」とおっしゃいました。
この事が、先生ご自身、人形劇に魅力を感じる理由だそうです。

子ども達はこの総合芸術である人形劇を体験しながら、
同時に注意深く真摯に喜びをもって演じている大人の姿も、
深く自らのうちに模倣しているそうです。
だから「人形劇を上演している大人の姿が子ども達に見えている事」が大切にされるのです。

「行為で示す教育」  「言葉に真実を」
シュタイナー幼児教育で大切にされていることは、
人形劇を上演する上でも基本となっていることがわかりました。

今回は人形劇を行なう上での大切なポイントや
昔話の意味するものなども具体的に教えていただきましが、
心を込めて準備する大人の姿の大切さや、大人のあり方を考えさせられる講座となりました。

次回は7月29日です。
お申し込み締切は7月15日です。

c0221940_20542198.jpg
次回は
「いろいろなところへつれていってもらいたかった男の子」

羊毛の人形つくりと動かし方、お話のしかたを学びます。

第二回  7月29日(日)   10時〜15時  
参加費 会員3500円 一般4500円
別途材料費あり  持ち物 フェルティングニードル

*室内履きをご持参ください。
*大人向けの講座ですので、乳幼児の同伴はご遠慮ください。
*定員になり次第締め切ります。
*近隣には飲食店・コンビニ等ございません。
 第二回はお弁当など事前のご用意をお願いいたします。
 会場での飲食は可能です。



                             次回は写真の男の子をつくります。

以前ご紹介した記事でもご確認ください。

●申込み:申込フォームからどうぞ

ご質問はこちらまで。
by minamisawas | 2012-05-15 21:59 | 講座